Profile

Kyoko Fukushi 福士 恭子福士 恭子 (ピアニスト)

ハンガリー国立リスト音楽院、スイスバーゼル音楽院留学。ソリストディプロマ取得。1997年、マリア・カナルス国際コンクール(スペイン)にてディプロマ受賞、1999年フォッジャ国際コンクール(イタリア)にて第3位。


2003年~2010年、ラハティ市(フィンランド)ラハティ工科大学(Lahti University of Applied Sciences)音楽学部ピアノ科、ラハティ市コンセルバトリー、ラハティ市ミュージック・インスティテュート非常勤講師。
2004年よりフィンランドラハティ市交響楽団メンバーと“ヴェッラモWellamoピアノトリオ”を結成。2008年、宮城県塩釜市より「平成20年度塩竈市教育功績者表彰感謝状」授与。


2012年より『北欧フィンランドの調べ「波紋」シリーズ』と題し、シベリウスに始まる20,21世紀フィンランドピアノ音楽を紹介するシリーズを始め、山梨、長野、東京にて開催。2013年河口湖音楽祭にて写真家木之下晃氏とフォト・トーク&コンサート、2014年1月「一柳慧80thFESTA!」(東京文化会館)に出演。2015年、CD「Finnish Piano Music CANTUS ARCTICUS」がレコード芸術9月号特選版に選出される。日本・フィンランド新音楽協会事務局長、アオバピアノコンクール、PIARAピアノコンクール審査員。

Kyoko Fukushi studied piano at Liszt Ferenc Academy of Music in Budapest, Hungary, and at Basel Academy of Music in Basel, Switzerland. In Basel she graduated with Soloist Diploma with honors. She received a diploma in Maria Canals International Competition in Barcelona, Spain in 1997 and 3rd Prize in International Competition in Foggia, Italy in 1999.
She has given piano recitals and chamber music concerts in Japan and throughout Europe.
Since 2012, she has continued an annual recital series titled ” Aaltomuoto Sarja” which focuses the Finnish composers in Nagano, Yamanashi and Tokyo.
2003-2010 she has taught at the faculty of Music, in Lahti University of Applied Sciences, Lahti Concervatory and Lahti Music Institute. Since 2011 she is an Executive director of Japan Finland Contemporary Music Society.